2019年1~3月の日射量はまずまず

2019年も新年度に入ったので、この辺で今年の日射量を確認してみました。

今までと同様、気象庁の過去の気象データ検索 の東京、函館、福岡の月別の全天日射量のデータを使用しました。

月別日射量tokyo_201903
月別日射量hakodate_201903
月別日射量fukuoka_201903

赤の太線が2019年(1~3月)、緑の太線は2018年です。
青の太線は、NEDOの日射量データベース(MONSOLA-11)の期間(1981~2009年)の平均値です。

東京の2月は晴れの日が少なく日射量が落ち込みましたが、1月と3月は比較的良好でした。
函館の1~3月は例年とほぼ同等の日射量でした。
福岡の2月は去年と同程度、1月と3月は去年を上回っていて、良好な日射量でした。

2019年の序盤は、まずまずの日射量だと思います。
これから夏にかけては年間の日射量に大きく影響する時期です。
今年も順調に日射量が増えていくことを期待したいと思います。