法人を作ると何かと手間とお金がかかる

個人の場合はあまり気にしなくていい費用が、法人になると結構かかる場合があります。

例えば、引っ越しをした場合。

個人の場合は役所で引っ越しの手続きをするのに費用はかかりませんが、法人の本店や代表者が引っ越しをして登記を変更すると、この費用(登録免許税)がかかります。

法人移転登録免許税
登録免許税の税額表

例えば、代表者の自宅を本店にしていて、代表者と本店が引っ越しをした場合は、最低でも4万円かかります。

さらに、登記の手続きを司法書士などに依頼すれば、報酬も払う必要があります。

法人の移転の登記くらいなら、自分でやるのも難しくはないと思いますが、、

申請書も記入例もネットで手に入るので、それを記入して法務局に持っていけばいいのですが、独特の書き方で、ちょっと間違えると受け付けてもらえなさそうな感じがします。
法務局に行けば丁寧に教えてくれるし、申請書のチェックもしてくれますが、何か不備があると行ったり来たりになってしまう可能性もありそうです。

そこで期待しているのは、オンラインでの申請「登記ねっと 」なのですが、、、

登記ねっとホームページ
登記ねっと

この「登記ねっと」で法人の登記の手続きをするには、法人用の電子証明書が必要になります。

マイナンバーカードに入っている個人の電子証明書はタダですが、法人の電子証明書はタダではありません。

法人用電子証明書発行手数料
電子証明書のご案内

しかも電子証明書に表示された事項(商号,本店,代表者の資格・氏名等)に関する変更の登記がされた場合は、期間内でも無効になってしまいます。

これでは、登記の手続きを頻繁に行う人でなければ、わざわざ証明書を取得するメリットはなさそうです。

法人を作ると何かと手間とお金がかかるものです・・